【名車記】スパイダー・ザガート

[ カテゴリー ] その他

スパイダー・ザガート

 

La vettura venne presentata al Salone di Torino del 1984.

La vettura venne presentata al Salone di Torino del 1984.

La vettura venne presentata al Salone di Torino del 1984.

 

爆発的な人気となったビトゥルボですが、その後、次々とリリースされたバリエーションの中でも1987年に日本市場へ導入されたスパイダーモデルは1995年まで販売されたヒット作となりました。クーペ系のホイールベースを短縮してオープン化したボディが用いられ、ソフトトップ廻りの懸架の作業がザガートへ委託されました。その為、1989年より“スパイダー・ザガート”と称されるようになりました。ビトゥルボ開発当初よりスパイダーモデルのラインナップ入りは想定されており、そのプロトタイプではクーペ系と同様のホイールベースが検討されました。ここでは、その貴重な写真をご覧いただきましょう。

 

 

 

コンパクトなボディとスタイリッシュなルーフ廻りも相まって、ユーズドカー・マーケットでもこのスパイダーは引っ張りだこです。数量的には2.8Lモデルが圧倒的に多いですが、数少ないキャブレター仕様は、もはやコレクターズアイテムです。購入時には、新車販売より年月が経過しているため、コンディションの見極めが重要でしょう。内装を中心に欠品パーツが多く、スペアパーツ自体の価格も高いので、状態のよいものを入手しないと大ごとになります。ソフトトップはサードパーディー製が入手可能ですが、トノカバーは中々、入手が難しくなってきています。

 

La vettura venne presentata al Salone di Torino del 1984.

 

それでは、ここで発売以降のモデル変遷を追ってみましょう。

 

完璧に調整された状態においては素晴らしいパフォーマンスを発揮した2.5Lキャブレターモデルですが、調整にもコツが必要であり、冷間時の指導性や夏季における燃料のパーコレーションなど実用性に難がありました。そこで、既に世の中では少数派となっていたキャブレターに変わって、ようやく1988年よりウェーバー・マレリによるインジェクションが2.5Lに適用されました。これにより実用性は大幅に向上し、合わせてオートエアコンも設定されました。

 

1989年より順次、2.5Lインジェクションモデルが、2.8Lモデルへと切り替わり、モデル名より“ビトウルボ”が消えました。ボディパネルも変更され、フロントとリアの処理がより現代風に丸みを帯びた形状となったのです。4速オートマチックトランスミッションの採用、サスペンション、ステアリング、デフ、ブレーキなど大幅にアップデートされ完成度は高まりました。インテリアもウッドパーツが追加されより豪華なものとなっています。

 

1991年よりフォグライト内臓型のフロントバンパーとリアはエグゾースト・アウトレットを包み込む形の新スタイルバンパーが適用され、サイドスカートも装着されました。

 

1992年には進化してきたビトゥルボもデヴューから10年余りを迎え、最後の改良が行われました。最後期モデルとしてプロジェクターヘッドライトとシャマルに採用されたフロント・ウィンドスクリーン下部のスポイラーが採用され、フロント周りのイメージは大きく変わりました。クーペ仕様の222.4Vは24バルブエンジンもラインナップされましたが、スパイダーモデルの日本仕様には適用されませんでした。ちなみにこの時期よりボディ艤装はザガートの手を離れ、トリノのボディ工場が一括してホワイトボディから製造することになり、ボディからザガート・ロゴは消えています。

 

 

社運を賭けた5代目クアトロポルテ

[ カテゴリー ] その他

社運を賭けた5代目クアトロポルテ-1

 

Evoluzione del modello entrato in produzione nel 1994.

 

マセラティ・フェラーリグループは2002年にスパイダーとクーペによって念願の北米市場への再登場を果たしました。しかしこの3200GT系、つまりビトゥルボ時代から20年以上に渡って使われて来たプラットフォームはそろそろ刷新を必要としていました。

実はその影で、全てを一から開発する社運を賭けたニューモデルの開発が着々と進んでいました。それは1997年にフェラーリ傘下となってすぐにプロジェクトが始まった次期クアトロポルテです。

当初のマーケティング的考え方は明確でした。マセラティをフェラーリのオーナーに向けて、追加購入したいと思わせるようなモデルを作ろうというイメージでした。ですから、今までのビトゥルボ系プラットフォームは小さすぎましたし、そのイメージも大きく塗り替えねばならない、と考えました。“フェラーリのようなマセラティ”を作る、というコンセプトで一番重視されたのはそのスタイリングです。当時のフェラーリのスタイリングは全てピニンファリーナが担当していましたから、ピニンファリーナ・ブランドを使うのは、なによりフェラーリらしさを表現するポイントです。

実は、1980年にピニンファリーナからの提案としてフェラーリ・バッジの付いた4ドア大型サルーン、「ピニン」が発表されています。フェラーリ初の4ドアモデルということで、大きな注目を集め、モンテゼーモロも大いに乗り気であったようですが、結果的に商品化はされませんでした。フェラーリとして4ドアモデルを出すべきかというブランド論、そしてメルセデスなど長年のノウハウを持ったライバル達に立ち向かう生産能力の点でも賛否両論だったのです。しかし、モンテゼーモロはこういったモデルをいつの日か世に出したい、という思いを持っていたようです。

S&S_febbraio_2012_pajar 140

歴史を遡れば、1947年にデビューしたマセラティ初のロードカーA61500もピニンファリーナ製のボディを採用していました。しかし、まもなくエンツォ・フェラーリとピニンファリーナの間でイタリアのラグジュアリー・セグメント・スポーツカーのデザイン開発に関してピニンファリーナはフェラーリ以外のメーカーを手がけない、という“密約”が交わされました。その為、マセラティのスタイリングをピニンファリーナが手がけることはありませんでした。

La vettura fu presentata al Salone di Ginevra del 1947.
Vettura carrozzata da Pininfarina

 

しかし、マセラティがフェラーリのグループとなった今や、その“密約”の制約を受けることはありませんので、晴れてマセラティのスタイリングをピニンファリーナが担当することになったのです。もちろん、そういった政治的、マーケティング的理由のみで5代目クアトロポルテのデザインが決まった訳ではありません。

 

当時、そういったスタイリングの決定に大きな力を持っていたモンテゼーモロ(フェラーリ会長でありマセラティのトップであった)はイタルデザイン・ジウジアーロの社長でありデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロとの関係が深く、ジウジアーロ案に対する期待も高かったですし、フィアット・デザインセンターからもエンリコ・フミアのプロポーサルが出ていました。

 

一方、フィアットCEOのカンタレーラもフェラーリとマセラティのマネージメントに親会社として深く関わっていたのですが、彼もマセラティのサルーンに関して強い意見を持っていました。彼はコンセプトカーとしてピニンファリーナによって作られた「プジョー・ノーチラス」のイメージこそ、次期クアトロポルテに相応しいと考えていました。そのモデルのスタイリングを担当したのは、他ならぬピニンファリーナの日本人デザイナーであったのです。

◆3200GT登場◆

[ カテゴリー ] その他

いつもSKY GROUP マセラティ目黒・紀尾井町・杉並のSNSページをご覧頂き、誠に有難う御座います。

皆様は年末年始は如何お過ごしでしたでしょうか?

本日からトライデントイタリア全拠点の営業がスタート致しました!皆様のお越しをお待ちしております。

 

早速では御座いますが、今回ブログでは3200GTについてご紹介させて頂きます。

昨年同様、今年もカージャーナリストの越湖信一様による記事を本ブログに掲載致しますので、お時間が御座います際に是非ご覧くださいませ。

 

 

3200GT登場

2018年もマセラティ・ファンの皆様にとってよき一年でありますように。

さてマセラティにとって“8”に関わるメモリアルイヤーとしては、今から20年前となる1998年が思い出されます。それはマセラティ=フェラーリグループの始動が開始された年なのです。モデナ工場はフェラーリ傘下入りした前年より、しばらくラインを止め、大規模なリニューアルが完成したのです。

そこではギブリⅡとクアトロポルテⅣに多くの改良が加えられ生産が続きました。双方にはフェラーリのサプライヤーから供給されたパーツが大幅に採用され、この2モデルの完成度も高まりました。

MASE211377 CORSA2N

そして新生フェラーリ=マセラティ第一号車としてパリモーターショーにて3200GTがデビューしました。イタルデザイン=ジョルジェット・ジウジアーロの手によるクーペは、当時のイタルデザインのテーマであった少し丸みを帯びた張りのある面を強調したスタイルとなりました。基本的にクアトロポルテⅣのシャーシがベースとされていますが、ホイールベースはそれより1cm長く、この手のハイパフォーマンスカーとしてはかなり長い数値でした。そのロングホイールベースにより、フル4シーターとして通用する外観からは想像できない広いキャビンを作り上げることが出来たのです。ブーメラン型のテールライトは世界初のLEDによるもので、3200GTの外観上の大きな特徴ですが、これはジウジアーロの案ではなかったようです。

シャマルでは325psを発揮していたV8ツインターボエンジンはターボ系を中心にチューニングが施され370psまで向上しました。レスポンスのよい電子制御スロットルペダル、アクセル・バイ・ワイヤーの導入とローギヤードなM/Tの組み合わせはかなり荒々しいテイストを残していました。このピーキーな最初期モデルはコレクターズ・アイテムとしてマーケットでは特に高人気です。マセラティの当時としてのアイデンティティであった自社製のビトゥルボ(=ツインターボ)エンジンはこの3200GTが最後となりました。さらに言えば、マセラティが自前で開発と製造をモデナ本社内で行った最後のエンジンでもあり、マセラティ史に残る一台です。

インテリアはフィアットグループ内におけるデザイン開発を担当していたエンリコ・フミアが担当し、その後もマセラティのアイデンティティの一つとなった、左右対称のスタイルとセンターのV字型の切れ込みのモチーフを完成させました。リアシートも荷物置場ではなく大人が長距離ドライブにも耐えうるサイズとクオリティが特徴です。
そして、“Officine Alfieri Maseratiパーソナリゼーションプログラム” というレザーやステッチの色などを自由にセレクトできるオーダーメイド・システムが1999年よりこの3200GTで初めて導入されました。

このジウジアーロによるスタイリング・コンセプトはクーペ、スパイダー、そしてグランスポーツと受け継がれ、多くのマセラティ・ファンに愛されることになります。

〜12/1(金)マセラティ目黒営業時間変更のお知らせ〜

[ カテゴリー ] その他

いつも SKY GROUP マセラティ 紀尾井町&目黒&杉並 ブログをご覧下さいまして誠に有難うございます。

マーケティング&PR 小泉でございます。

本日、12/1(金)は”Trident Itaria Christmas Night 2017″開催のため、下記営業時間に変更とさせて頂きます。

 

マセラティ目黒新車ショールーム 営業時間10:00~12:00

マセラティ目黒認定中古車ショールーム 営業時間10:00~16:00

 

“Trident Itaria Christmas Night 2017″はトライデントイタリア各ショールームにてお車をご購入のお客様がご参加頂けるパーティーでございます。

是非、お誘い合わせの上ご参加くださいませ。

 

ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

SKY Group – Heart Moving Experience
トライデントイタリア 株式会社

マセラティ 紀尾井町
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-6261-2801 FAX:03-6261-2802
HP:http://www.dealers.maserati.com/kioicho/

マセラティ目黒
〒152-0003
東京都目黒区碑文谷5-2-5
TEL:03-5725-8280 FAX:03-5725-8281
HP:http://www.dealers.maserati.com/meguro/

マセラティ杉並
〒168-0081
東京都杉並区宮前1-18-4
TEL:03-6861-5080 FAX:03-6861-5081
HP:http://www.dealers.maserati.com/suginami/

“展示 & 販売台数 日本最大 ”
マセラティ杉並 認定中古車センター
http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792003/stocklist/
合わせて、ご覧下さい。

Facebookページ:SKY Maserati
https://www.facebook.com/sky.maserati

Facebookのみの特別キャンペーンも行っております。
是非、みなさまSKY Maseratiも合わせてチェックよろしくお願い致します。

~11/17(金) マセラティ紀尾井町営業時間のお知らせ~

[ カテゴリー ] イベント・キャンペーン, インフォメーション

いつも SKY GROUP マセラティ 紀尾井町&目黒&杉並 ブログをご覧下さいまして誠に有難うございます。

マーケティング&PR 小泉でございます。

明日、11/17(金)は”THE BLACK TIE NIGHT     MASERATI Kioicho×junhashimoto”開催のため、下記営業時間に変更とさせて頂きます。

 

10:00~18:30 クローズ

18:30~22:00 ”THE BLACK TIE NIGHT     MASERATI Kioicho×junhashimoto” ※パーティーのみの営業となります。

 

明日のパーティーはマセラティオーナー様(他店購入もOK)orトライデントイタリア顧客様であれば、御参加頂けます。

是非、お時間御座いましたら、御参加くださいませ。

 

イレギュラーな営業のため、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。

 

SKY Group – Heart Moving Experience
トライデントイタリア 株式会社

マセラティ 紀尾井町
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-6261-2801 FAX:03-6261-2802
HP:http://www.dealers.maserati.com/kioicho/

マセラティ目黒
〒152-0003
東京都目黒区碑文谷5-2-5
TEL:03-5725-8280 FAX:03-5725-8281
HP:http://www.dealers.maserati.com/meguro/

マセラティ杉並
〒168-0081
東京都杉並区宮前1-18-4
TEL:03-6861-5080 FAX:03-6861-5081
HP:http://www.dealers.maserati.com/suginami/

“展示 & 販売台数 日本最大 ”
マセラティ杉並 認定中古車センター
http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792003/stocklist/
合わせて、ご覧下さい。

Facebookページ:SKY Maserati
https://www.facebook.com/sky.maserati

Facebookのみの特別キャンペーンも行っております。
是非、みなさまSKY Maseratiも合わせてチェックよろしくお願い致します。

 

グラントゥーリズモとグランカブリオがマセラティ・チャーター機で成田に到着

[ カテゴリー ] 未分類

1011日にミラノのマルペンサ空港にてボーイング747にモデナ工場から陸送されてきた28台のグラントゥーリズモとグランカブリオが搭乗し、翌12日、成田に到着しました。

 

 

 

マセラティ各車両は、ラインオフ後に一般道における走行テストを行い、最終的にはマセラティが契約する第三者の行う客観的な品質チェックを経て、船便にて日本へと向かいますが、今回は2018モデルの日本国内におけるプロモーションの一環として、エアで送られたのです。

 

 

 

 

このボーイング機はマセラティロゴが機体に描かれたチャーター便で、成田空港に到着した後は、成田国際空港内の飛行機格納庫(ハンガー)にてメディア等に向けてプレゼンテーションがおこなわれました。この格納庫エリアは関係者以外の立ち入りが禁止されているエリアであり、こういった形で外部へと公開されたのはおそらく日本初でしょう。

 

 

発表会はこのようにグラントゥーリズモとグランカブリオ(それぞれスポーツとMCというモデルが設定)、そしてボーイング747が並んだ格納庫という斬新なシチュエーションの中、進められました。モデナ工場を出荷される時に装着されるプロテクションや、貼り付けられたインボイスもそのままのリアルな個体達も展示され、たいへん興味深いものでした。

 

 

 

マセラティ目黒にて先日展示されたグラントゥーリズモの祖先ともいえる3500GTも会場に並び、たいへんインパクトのあるプレゼンテーションとなりました。

★10/28-29 Officine Maserati Certificated Pre Owned – Open Door Weekends★

[ カテゴリー ] Certified Pre-Owned(中古車), イベント・キャンペーン

いつもSKYGROUPマセラティ目黒・紀尾井町・杉並のブログをご覧頂き、誠に有難う御座います。

マーケティング&PR担当の小泉でございます。

 

今週末、10/28(土)-10/29(日)にOfficine Maserati Certificated Pre Owned – Open Door Weekendsをトライデントイタリア各ショールームにて開催致します。

 

 

Officine Maserati Certificated Pre Ownedとは…?

今年9月末より導入されたマセラティ認定中古車システムのことです。

「マセラティって中古で乗っても大丈夫なのかしら…?」

「理想的な車が見つかったけど、保証がないと不安…でも新車だと同じ車ない…」

など、マセラティは車1台1台にそれぞれの個性がありますし、尚且つ繊細なイメージをお持ちの方も多いかと思います。

そんな不安をすべて取り払ってくれる保証・ロードサービスがマセラティ認定中古車につきました。※初年度登録・走行距離により認定判定がございます。

トライデントイタリアでは極上マセラティ認定中古車を”マセラティ目黒認定中古車ショールーム”・”マセラティ杉並”にて常にご用意しております!在庫情報はカーセンサーにてご確認ください。※ご成約による在庫変動がございます。あらかじめご了承ください。

 

マセラティ目黒カーセンサー→http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792001/#contents

 

マセラティ杉並カーセンサー→http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792003/#contents

 

 

★ご来場記念品★

オリジナルポストイットセット

※数に限りが御座います。あらかじめ、ご了承ください。

 

 

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

SKY Group – Heart Moving Experience
トライデントイタリア 株式会社

マセラティ 紀尾井町
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-6261-2801 FAX:03-6261-2802
HP:http://www.dealers.maserati.com/kioicho/

マセラティ目黒
〒152-0003
東京都目黒区碑文谷5-2-5
TEL:03-5725-8280 FAX:03-5725-8281
HP:http://www.dealers.maserati.com/meguro/

マセラティ杉並
〒168-0081
東京都杉並区宮前1-18-4
TEL:03-6861-5080 FAX:03-6861-5081
HP:http://www.dealers.maserati.com/suginami/

“展示 & 販売台数 日本最大 ”
マセラティ杉並 認定中古車センター
http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792003/stocklist/
合わせて、ご覧下さい。

Facebookページ:SKY Maserati
https://www.facebook.com/sky.maserati

Facebookのみの特別キャンペーンも行っております。
是非、みなさまSKY Maseratiも合わせてチェックよろしくお願い致します。

マセラティ3500GT

[ カテゴリー ] 未分類

マセラティ・ロードカーの名を世界に轟かせた大ヒットモデル マセラティ3500GT

Vettura presentata nel marzo del 1957 al Salone dell’Automobile di Ginevra.
Carrozzeria Touring

Vettura presentata nel marzo del 1957 al Salone dell’Automobile di Ginevra.
Carrozzeria Touring

Vettura presentata nel marzo del 1957 al Salone dell’Automobile di Ginevra.
Carrozzeria Touring

 

1957年にワークスチームを解散させ、背水の陣で高級ロードカー市場へ望んだマセラティ。その第一弾を飾るのが、先だって目黒ショールームに特別展示された3500GTです。F1で世界を制覇したマセラティ250F直系の直6DOHC 3500ccのパワフルなエンジンと、4人乗りも可能な実用性も重視したビッグサイズのボディは当時、急速に拡大していた北米マーケットを視野に入れたものでもありました。

当時はフェラーリも250シリーズをラインアップし、同様なカテゴリーで人気を高めていました。
ところがこのフェラーリとマセラティのロードカーに関する考え方はかなり異なってもいたのです。
エンツォ・フェラーリは、ロードカーのビジネスを、レースの糧と割り切ったのに対し、当時のマセラティをマネージメントしたオルシ・ファミリーはグラントゥーリズモと名乗ることのできる、格式あるロードカー作りを企業理念として追求しました。動力性能、スタイル、実用性において最高のイタリアンGTを目指したのです。

Linea di montaggio della 3500 GT.

グラントゥーリズモとは、本来の意味では、2+2以上の居住スペースを持ち、充分なラゲッジスペースを持つロードカーであることが基本条件と考えられます。そして、国と国にまたがるヨーロッパの高速道路や、北米の整備されたハイウェイ網の完備がさらにグラントゥーリズモの需要を喚起しました。

3500GTはツインプラグ・イグニッションを採用し、初期は3ウェーバーキャブでしたが、後にGTIへとアップデートされ、ルーカス製メカニカルインジェクションが採用されました。このエンジンはたいへん丈夫で、かつ、パワフルでもありました。
ボディはプロトタイプを含め、イタリアの主要カロッツェリア全てが競作しましたが、生産モデルとなったのはカロッツェリア・トゥーリング製で、スパイダーモデルはヴィニヤーレが製造を受け持ちました。いずれにしてもこのハイエンド・グラントゥーリズモは大成功を収め、2000台あまりが生産されました。ちなみに日本に始めて輸入されたのもこの3500GTでした。

この3500GTこそが現在のマセラティのグラントゥーリズモへとつながる、直系の祖先と言えるかもしれません。3500GTの生誕から50年を経た2007年に現行のグラントゥーリズモが発表され、この2017年にその最新進化形である2018イヤーモデルが誕生されたのです。この最新モデルも1957年当時と同じ建物の中で作られているという誇らしい伝統を
マセラティは大切にしている点もお忘れなく。

◇◆10/14-15MASERATI GRANTURISMO Private Preview◆◇

[ カテゴリー ] 未分類

いつも SKY GROUP マセラティ 紀尾井町&目黒&杉並 ブログをご覧下さいまして誠に有難うございます。

マーケティング&PR 小泉でございます。

 

今週末の10/14-10/15にMASERATI GRANTURISMO Private Previewをマセラティ目黒にて開催致します。

 

誕生して10年のGranturismo。現在はモデナ工場で作られる唯一のマセラティとなりました。

エンジンとミッションはデビュー当時から変わらないフェラーリとマセラティ共同開発のV8自然吸気エンジンとZF製6速AT。

少しフェイスチェンジをし、カーナビはLevanteや現行Ghibli.Quattroporteと同じ最新型を搭載致しました。

 

今回、ショールームで展示が行われるのはマセラティ目黒が全国ディーラーで初めてとなります。

是非、この機会にマセラティ目黒にて最新式Granturismoをご確認くださいませ。

 

 

◇来場記念品◇

マセラティオリジナルデザイン

LOTUSWEETS クランチチョコレート

※数に限りが御座います。予めご了承くださいませ。

 

◇特別展示車輌◇

マセラティ 3500GT

 

 

 

皆様の御来場を心よりお待ち申し上げております。

 

 

SKY Group – Heart Moving Experience
トライデントイタリア 株式会社

マセラティ 紀尾井町
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-6261-2801 FAX:03-6261-2802
HP:http://www.dealers.maserati.com/kioicho/

マセラティ目黒
〒152-0003
東京都目黒区碑文谷5-2-5
TEL:03-5725-8280 FAX:03-5725-8281
HP:http://www.dealers.maserati.com/meguro/

マセラティ杉並
〒168-0081
東京都杉並区宮前1-18-4
TEL:03-6861-5080 FAX:03-6861-5081
HP:http://www.dealers.maserati.com/suginami/

“展示 & 販売台数 日本最大 ”
マセラティ杉並 認定中古車センター
http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792003/stocklist/
合わせて、ご覧下さい。

Facebookページ:SKY Maserati
https://www.facebook.com/sky.maserati

Facebookのみの特別キャンペーンも行っております。
是非、みなさまSKY Maseratiも合わせてチェックよろしくお願い致します。

 

 

 

◆モントレーカーウィーク マセラティ特集◆

[ カテゴリー ] 未分類

8月中旬に北米モントレーにて開催されるモントレーカーウィークには北米のみならず世界各国から貴重なクルマと共にマニア達が集結し、一種、異様な興奮が続く。近辺のどこを走っていても、あっ、と声をあげたくなるようなクルマに出くわすのだ。

もちろん、その中でもマセラティは別格といっていいほどの敬意をもって扱われる。ここでは主要なイベントで出会った気になるマセラティ達を紹介していこう。

 

818日金曜日は最もエクスクルーシブなイベント、ザ・クエール・モータースポーツギャザリングが開催された。ペニンシュラホテルグループによる経営の美しいゴルフコースであるクエールロッジに世界の新旧取り混ぜた名車が集結する。その歴史はまだ浅いが、富裕客層をメインターゲットとして、大きな存在感を見せる。入場料も高いが、人数制限のあるチケットは発売開始と共に即完売となる。

マセラティはエントランス付近にブースを構え、発表されたばかりの20182イヤーモデルのグラントゥーリズモとレヴァンテが展示され、注目を集めた。特にフェラーリ製NA V8エンジン搭載モデルがしばらくの間生産が継続され、環境問題に最もうるさいここ北米でも入手可能なことに皆、高い関心を表していた

さらにマセラティはモントレーカーウィークの間、カーメルの海岸にマセラティヴィラを設けて、マセラティスタ達をもてなし、また新規ユーザー獲得の為に力を入れる。そう、このモントレーカーウィークにはたいへん購買意欲の高い顧客が多く訪れるのでメーカーもプロモーションに力が入る。

もちろん、クラシックを所有のオーナー達も多数集まる 今年はギブリ生誕50周年でもあるが、ダークブルーの1970年ギブリと鮮やかなイエローボディの1972年ギブリに注目が集まった。ここクエールに集まるクルマはどれも極上のコンディションであることが特徴のひとつ。マセラティ関連ブランドとしては希少な1961年オスカ1600GT ZAGATOも並び、そのたいへん美しいボディラインを堪能することができた。

 

 

モントレーカーウィークの期間には、各所で数多くのオークションが開催される。私たちは、オークションの本番まで、各会場に並んでいるたくさんのクルマ達をじっくりと眺めることができるのだ。展示車両には目安となる落札予想価格がほとんどの場合、記されており、現在の相場がよく解る。

モントレーの中心部に会場を抑えているオークションハウス大手、RMサザビーズの会場を覗いてみるとマセラティスタにはたまらないモデルに遭遇した。一台は19645000GT byミケロッティだ。これは世界に一台しか存在しないワンオフモデルであり、私も2000年のモントレーカーウィーク以来、久々に目にした。コンパクトで空力特性を考慮されたボディは他の5000GTとは大いに異なるイメージを持つ特別な一台だ。当然、落札価格も1億円超えだ。もう一台は19593500GTスパイダーbyフルア。こちらもピエトロ・フルアの手によるワンオフモデルだ。当時人気であったアメリカ車のテイストがディテイルに見られる。オークションでは確固たる地位にあるクラシックマセラティであるが、3年ほど前のピークからみると落札価格も少し落ち着いてきたようだ。

 

19日土曜日はコンコルソイタリアーノが開催された。このイベントは名前の通り、イタリア車だけが参加できる。ペブルビーチコンコースなどと違って、より、草の根的なカジュアルさを特徴とする。このイベントはMIE(マセラティクラブインターナショナル)の創始者でもあるフランク・マンダラーノが始めたイベントであることもあり、毎年多くのマセラティが集まる。生産されたかなりの部分が北米へと輸出されたこともあり、ボーラとメラクは際立って多く並んでいる。年式による各個体の細かな違いを見つけるのも楽しい。

マセラティ5700GT。こんなクルマをご存じだろうか。種を明かせばミストラルのボディに5.7LクライスラーV8を無理矢理載せてしまったカスタムモデルだ。オーナーとも久しぶりの再会であったが、こんな試みを楽しむのも北米ならでは。この不思議な個体もオーナーが30年以上、大切に慈しんでくれば立派なクラシックといえよう。もちろん、多くの現行モデルたちも参加した。

 

 

 

モントレーカーウィークのクライマックスはペブルビーチコンコースデレガンスだ。夜明けと同時に広大なグリーンは大混雑となる。エントランス付近には最新モデルやコンセプトカーを展示するスペースが設けられ、マセラティはグラントゥーリズモ・コンバーチブル(日本名 グランカブリオ)の2018年モデルが並ぶ。

さて、フィールドへと足を運べば、素晴らしいコンディションの300Sに遭遇する。フランス人のオーナーは20年以上、この個体を楽しんできたという。詳細を調べてみるなら、この300Sは、かつて林コレクションの一台として日本にあった個体であることが判明。こちらも久しぶりの再会となった。

もう一台はマセラティミストラルだ。この比較的新しいモデルが並ぶのは「戦後プリザーブドカーカテゴリー」だ。「プリザーブドカー」というのは、そのクルマが誕生した時の状態をいかにそのままに保っているかが評価されるカテゴリーだ。ペイントも新車時より塗り替えることなく、インテリアのレザーもひび割れていたりして当然。つまり極力レストアされず、そのクルマの社歴相応に美しくヤレていることが評価される。この個体も程よくヤレた素敵なミストラルであった。

 

SKY Group – Heart Moving Experience
トライデントイタリア 株式会社

マセラティ 紀尾井町
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-6261-2801 FAX:03-6261-2802
HP:http://www.dealers.maserati.com/kioicho/

マセラティ目黒
〒152-0003
東京都目黒区碑文谷5-2-5
TEL:03-5725-8280 FAX:03-5725-8281
HP:http://www.dealers.maserati.com/meguro/

マセラティ杉並
〒168-0081
東京都杉並区宮前1-18-4
TEL:03-6861-5080 FAX:03-6861-5081
HP:http://www.dealers.maserati.com/suginami/

“展示 & 販売台数 日本最大 ”
マセラティ杉並 認定中古車センター
http://www.carsensor.net/shop/tokyo/302792003/stocklist/
合わせて、ご覧下さい。

Facebookページ:SKY Maserati
https://www.facebook.com/sky.maserati

Facebookのみの特別キャンペーンも行っております。
是非、みなさまSKY Maseratiも合わせてチェックよろしくお願い致します。

アーカイブ

ページトップへ戻る